休眠口座を放置するとどうなる?

休眠口座について知っていくうちに、もしも休眠口座を放置したままにしておくとどうなってしまうのかという疑問を感じませんか。その答えは、その口座にある預金を金融機関に没収されてしまう可能性がある、です。預金没収なんて有り得るのかと思うかもしれませんが、預金者には“預金しているお金を返してもらえる権利”があり、時効(取引されない期間)が来るとその権利が消滅する、と法律で定められています。その権利の消滅時効になる期間は銀行で5年間、郵便局や信用金庫などでは10年間、としているところが多くなっています。

また、利用している金融商品の内容によってもその期間が変わってくることがあります。残高が少額であったとしても、そのお金が金融機関のものになってしまうのは何だか納得できないですよね。しかし、金融機関側からしてみると預金されている限りは利子を払わなくてはいけないですし、その口座を維持していくためのシステム管理も必要になってきます。つまり、休眠口座はメリットがないのにコストばかりかかってしまう存在なのです。

ですから、時効期間の終了が近づくと手紙などで案内を送付したり、電話で連絡をするところもあります。また、りそな銀行は最後の預金取引から2年以上取引が無い普通預金口座は、休眠口座扱いとされ預金者に案内を出します。それでも取引や解約がされない場合は、年間1200円の管理手数料が引かれ、口座を自動的に解約されてしまいます(条件によって対象外になることもあります)。

それから、金融機関によってはキャッシュカードが使えなくなるところも増えてきました。もちろん、支店の窓口に行って手続きをすればすぐに使えるようになります。そう思うと、休眠口座になってしまうといろいろ不便で大変そう、と感じるかもしれませんが、多くの金融機関では休眠口座になっていても通常通り取引ができます。また、預金通帳や印鑑など預金者本人と確認できるものがあれば払い戻しも可能です。

ページの先頭へ戻る